かぶけん

無気力サラリーマンによる、ゆる~い投資生活。様々なジャンルに手を出す日々。

大人になるとゲームができないって本当だと実感しただけの話。

f:id:kabukenseikatsu:20200604214236j:plain

※画像:Pixabay.com より

 

 久々の日記更新です。

最後の更新が5月6日ですので、約1ヶ月ぶりということになります。

時が流れるのは早いもので、気づけば外を歩くだけで汗が流れる時期がやってきました。

夏本番も近づいてくる中で、マスクを着けないといけない現状が辛い毎日です。

巷では冷感マスクなるものもあるようですので、試してみるのもありだろうか。

 しかしながら、これまでの自粛期間で自宅で色々することができました。

その中でも今までに積んでいたゲームに手を出しましたが、そこであることに気づきました。

 

全く集中してすることができない。

 

これはいわゆる「大人になるとゲームができない」ということなんだろう。

何故なのか考えてみるといくつか可能性がでてきました。

 

① ゲームの中でレベルを上げたり、実績を出しても現実世界で何か得ることがない。

② ①にあわせて時間がもったいないと感じてしまう。

③ 今までにやってきたゲームと既視感があり、マンネリ化している。

 

子供の頃では絶対に考えつかないところです。

大人になるというのは新しいことに挑戦できる反面、こうした子供の頃の楽しかったことがすべてつまらなくなってしまうのですね。

あぁ、もう一度記憶を消してゲームに没頭したいです。