かぶけん

無気力サラリーマンによる、ゆる~い投資生活。様々なジャンルに手を出す日々。

生活防衛資金の割合ってどんな感じ?

 投資を始めるときに生活防衛資金とは別の資金でするのが一般的かと思います。

しかし、生活防衛資金と言われてもいくらくらいあればいいの?と疑問に思いました。

そこで探してみるとこちらの記事ではこのように書かれていました。

 

manetatsu.com

 

(100−年齢)=リスク資産の割合の最大値 (※引用元文章そのまま)

 

最大値という言い方をしていますので、必ずしもこの割合でなければいけないというわけではないみたいですね。

これにあてはめると私は今28歳なので、72%は投資に最大値で配分しても大丈夫だろうということがわかりました。

仮に100万円預金があるとすると72万円は投資に、残りの28万円が生活防衛資金ということになります。

ざっくりではありますが目安にはなりますね。

ただ、28万円だけと考えるとハイリスクな感じもします。

 

ちなみに、私の今の資産割合はこんなかんじです。

f:id:kabukenseikatsu:20200109231441j:plain

日本株式と米国ETFをあわせると87%ですので、最大値の割合を大幅に超えていましたw

最大値と比べて+15%も多いです。

私は預金で眠らすお金があれば、配当金がほしい!って考えですので自然とこうなったのかもしれません。

しかし、割合の見直しが今後必要そうですね。米国ETFに偏り過ぎかな?

 

結局のところ、どれくらいが妥当かは人それぞれの経済状況や投資目的などで変わりそうですね。

 

 

※個人的見解です。投資を推奨するものではありません。

投資をする際はご自身の判断において自己責任で行うようにお願い致します。