かぶけん

無気力サラリーマンによる、ゆる~い投資生活。様々なジャンルに手を出す日々。

VOOの分配金だけで生活するにはどれだけお金がいるのだろうか?

f:id:kabukenseikatsu:20191230160943j:plain

※画像:Pixabay.comより

 

 分配金だけで働かずに生活できないかなと思い、VOOに毎月積立投資をしている。

こんな人は結構いるんじゃないだろうか?

ただ、そもそもどれだけ資金があれば最低限生活できるレベルの分配金が貰えるのか。

今後のモチベーションにも関係するので試算してみることにした。

注:税などによる差引は考えていないので目安程度です。

また、数値はすべて四捨五入しています。計算が間違っていたらごめんなさい

 

 

【生活するにあたって必要な年間生活費はいくら?】

 まず最低限必要な生活費を知る必要があるのでこちらの記事を参考にした。

 

【参考元】

life.mattoco.jp

 これによると夫婦で必要な最低限の生活費は月26万円となっている。

これを年に換算すると26万×12ヶ月=312万円となるので年間312万円は最低限生活を送るにあたり必要ということになる。

 

【年間分配金の仮定】

 VOOの分配金は過去5年間を見てみると、1回あたり得られる金額は毎年徐々に増えている。

また、為替の影響があるので一概にこれだけ毎年もらえるとは言いづらい。

その為、過去5年の平均値を元にすることにした。

過去の分配金はこちらを参考にした。

 

【参考元】

■VOOの過去の年間分配金についてはこちら

・インカム投資ポータル

https://haitoukabu.com/

ドル円の過去についてはこちら

finance-gfp.com

 

 これらを元に5年間の平均分配金は4.1328ドル、ドル円は平均110円と仮定することにした。

この数値を元にすると、

・4.1328ドル×110円=VOOの1株あたり年間455円得られる計算となる。

 

【必要なVOOの株数はいくつ?】

  これまでの仮定値をもとにしてみると以下の通りになる。

 

・最低限の生活費312万円÷VOOの1株あたりで得られる年間分配金455円=必要なVOOは6,857枚となる。

 

 正直この時点で絶望的なのがわかるのではないだろうか・・・。

 

【いくら資金が必要か】

  VOOの価格は過去の2018年12月時点の229ドルをもとにすると、

 

・必要なVOOの株数6857枚×229ドル=1,570,253ドル

これを円に換算すると、

・1,570,253ドル×110円=172,727,830円

 

なんと、およそ1億7300万円必要という結果となった。

サラリーマンの生涯年収が2億と言われているのにこれは辛いところだ。

 

【最後に】

 今回の資産で分配金を不労所得にして生活するのは困難であることがわかった。

しかし、キャピタルゲインなど他の要素は試算には入っていないところもあるので、引き続き積立投資していこうと思う。

 

 

※個人的見解です。投資を推奨するものではありません。

投資をする際はご自身の判断において自己責任で行うようにお願い致します。