かぶけん

無気力サラリーマンによる、ゆる~い投資生活。様々なジャンルに手を出す日々。

Bluetoothイヤホンは便利?

 ランニングや筋トレをするときに、私は普段有線タイプのイヤホンを使っていました。

しかし、体を動かすたびにコードがからまったり、引っ掛けて外れて耳が痛かったりと煩わしさが多くありました。

そこで色々探しているとBluetoothイヤホンというものがあることを知りました。

今回は、それについていろいろ書いていきます。

 

 

【選んだBluetoothイヤホン】

 私が選んだのは「Beyeah」のBluetoothイヤホンです。

【選んだ基準は?】

・ワイヤレスで運動していても邪魔にならず、防水である。

 汗をかいて壊れてしまってはだめですので、これは基準に入れました。

 ・充電器がモバイルバッテリーの代わりになる

 わざわざ別のモバイルバッテリーを持たなくて済むのでこれは重要でした。

 

【使ってみた感想】

f:id:kabukenseikatsu:20190824193057j:plainf:id:kabukenseikatsu:20190824193052j:plain

 実物はこんな感じです。

 

 充電器は手のひらサイズで小さいです。

残りの充電容量により青いランプが最大4つ点灯します。

一度フル充電するとイヤホンだけであればほとんど減らないです。

 

 イヤホン本体もかなり小さく、ライターと比べてもこの通り。

紐かなにかでお互いを繋げておかないといつの間にか片方だけ無くなっている・・・なんてことになりそうなくらいです。

 充電中や使用中で写真のように水色のライトがゆっくり点滅します。

 また、防水等級がIPX7あるようなので汗等のちょっとしたことであれば大丈夫そうです。

ちなみにIPX7はIEC(国際電気標準会議)の規定によると「規程の圧力、時間で水中に沒しても水が浸入しない」とありました。

実際にランニング後の汗をかいた状態でも問題ありませんでした。

 基本的な操作は光っている部分を指でタッチして再生や音量調整等の操作をします。

これがなかなかシビアで、タッチが緩いと反応しなかったり、音量を変えたいのに再生が停止したりと使いにくいので、結局、スマホ側で操作しています。

  通信距離は家の壁等の障害物があると3~5mくらいで通信が切断します。

何もなければ仕様通り15mくらいいけるかもしれません。

 本体重量は4.2gと全く重みを感じません。

 ただ、本体サイズは私の耳にとっては大きいようで、運動で動いたりすると耳から徐々に外れてきてポロっと取れてしまうことが多々ありました。

イヤージェルを別のに変えれば解決しそうですが。

 

【最後に】

 スポーツをする時や電車でコードが気になる場面では重宝できそうです。

ただ、やっぱり有線の安心感をとってしまう癖があるので、アナログ人間だとつくづく思う・・・。

 

↓今回紹介した商品はこちら

4000mAh 【2019最新版】 Bluetooth イヤホン 5.0 ワイヤレスイヤホン 両耳通話 Hi-Fi 高音質 3Dステレオサウンド Bluetooth 完全防水 タッチ式 ブルートゥース イヤホン 大容量充電式収納ケース付き マイク内蔵 自動ペアリング Siri対応 Beyeah tws x6/x6-pro

価格:3,980円
(2020/1/27 11:45時点)
感想(12件)

 

※これは私の体験談を元に作成しています。